公務員試験

【公務員試験の服装】筆記は私服で面接はスーツと覚えておこう

地方公務員試験(上級)の服装について、「採用試験だから筆記試験もスーツで行ったほうがいいかな?」と悩んでいる受験生はたくさんいます。

なんとなく、私服で行くと周りから浮いて目立ってしまいそうで嫌ですよね。試験官に「身だしなみが悪い。」と減点されそうで不安な人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、公務採用試験の筆記テストは私服で問題ありません。減点されることはないので、試験に集中できる服装で臨むことを一番大切にしてください。

公務員試験では、『一次試験=私服』『二次試験=スーツ』と使い分けることをオススメします。この記事では、その理由を詳しく解説していきますので参考にしてください。

一次筆記試験ではスーツより私服がオススメ

実際に僕が県庁職員の試験を受けたとき、男女とも多くの受験生は私服で、スーツ着用の人は浮いている感じでした。ちなみに、僕は友達と遊ぶ感じの私服でしたね。

つまり、筆記試験の服装なんて何でもいいんです。試験官に見られているという点は気にしなくてよくて、試験問題を解くうえで集中できる服装を心掛けましょう。

別にスーツでも問題ないので、「スーツだと気合いが入って集中できる!」って人は無理して私服で行く必要はありませんが、「試験だから」という理由でスーツを選ぶのはオススメできません。

やっぱりスーツよりも私服のほうが普段着慣れているから体に余計なストレスを与えなくて済みますし、長時間ジャケットを着ていると肩が凝って疲れやすくなります。

公務員の筆記試験は長丁場になるので、わざわざ疲れやすい服装を選ぶのは自分にハンデを課しているようなもの。試験会場によっては暑いところもあるので、スーツだと快適な環境を作るのが難しくなります。

筆記試験で大事なのは1点でも多くの点数を稼ぐことであり、服装で社会人の身だしなみをアピールすることではありません。本質を見誤らないでくださいね。

試験当日は受験生も緊張していますが、実は試験官も「トラブルなく運営しなくちゃ!」と緊張しています。なので、そもそも受験生一人一人の服装なんてチェックしている余裕なんてないのです。

筆記試験は体温調整できる服装を心掛けるべき

筆記試験が行われる会場によっては、自分の位置に冷房が直接当たる席だったり、湿度が高くて不快指数が高いなんてことも予想されます。特に寒いのは過酷です。

このため、どんな席であっても体温調整できるよう、半袖のうえに一枚羽織れるものを準備することをオススメします。

長袖のシャツがあれば、足元が寒かった時もひざ掛けのように使えます。緊張していると些細な変化にも不安になるので、お守り程度に持っていくといいでしょう。

ちなみに僕は緊張するとお腹を壊すタイプなので、『ストッパ下痢止め』をお守り代わりにしていました。少しでも当日の不安をなくすために、どんな状況でも対応できるよう準備は万全にしましょう。

もし、冷房が直接当たる席になった場合は、恥ずかしがらずに試験官に相談して弱めてもらったり席を変えてもらえるよう交渉した方がいいです。長時間冷房に当たって体調を崩すとベストを尽くせない可能性が高くなりますから。

先ほども言いましたが、筆記試験は1点でも多くの点数を稼ぐことが重要であり、試験官の顔色を伺う必要なんて1ミリもありません。

小論文や面接試験はスーツで決まり

筆記試験を合格したら、自治体によっては面接試験の前に小論文試験を設定しています。僕の受けた自治体では、一次試験の合格通知と一緒に小論文と面接の日程が同封されていました。

ここからは、筆記試験とは空気が変わってくるので、多くの受験生がスーツ着用で試験に臨んできます。つまり、小論文試験は私服だと周りから浮いてしまうのでスーツ着用が無難です。

小論文の段階では服装チャックはされないと思われますが、周りと違うことで気持ちが変に落ち着かなくなる可能性もあるので、あえて私服で行く意味はないと言えます。

 

そして、集団討論や個別面接ではスーツ着用がマストになります。ここで私服の人は容赦なく不合格にされる可能性が高くなるでしょう。

ただし、二次試験は夏に実施している自治体が多いので、試験案内に「クールビズ推奨」などの記載があれば、ジャケット不要で半袖の白ワイシャツ(ノーネクタイ)だけで構いません。

真夏にジャケットなんて着てたら熱中症になる可能性もあるので、体調不良でフラフラになり頭がボーっとして面接を失敗するなんてオチのないようにしてください。

不安な方は、ひとまずジャケットを着用して、周りの様子を確認して控室でジャケットを脱ぐなりそのまま着用するなり判断するといいでしょう。ネクタイも1本カバンに入れて持っていくと安心です。

 

ここまで公務員試験の服装について詳しく紹介してきましたが、意識するべきポイントは公務員試験はその試験内容によって採点基準が異なるという点です。

筆記試験では学力を採点基準とし、面接試験では人物像が採点基準となります。

このため、筆記試験において、採点基準にない服装を意識しすぎる必要はないのです。逆に面接試験では身だしなみは重要な採点基準になるため、服装を意識することが大切になります。

それぞれの試験で、自分が合格するためにベストを尽くせる服装を意識することができれば、自信を持って公務員試験に臨めるはずです。

さぁ、試験合格目指して頑張りましょう!