公務員試験

【注意】公務員予備校の模擬面接だけを受講することはできない

近年の公務員試験は人物重視の傾向が高まっているため、面接試験対策を怠ると合格する可能性が大きく下がってしまいます。

公務員の面接対策で最も効果的なのが予備校の模擬面接です。プロの指導により改善点を修正していけば、公務員が求める人物像に限りなく近づけます。

ただし、予備校の模擬面接には注意事項があり、模擬面接だけを申し込むことができません。

  • 各予備校の面接対策の状況
  • 予備校の模擬面接の効果
  • 筆記・面接ともに独学で合格できるか?

本記事では、予備校の模擬面接に注目して、上記の内容を深堀りしていきます。実際に公務員試験を合格した元県職員の目線でリアルな情報をお届けします。

大手予備校では模擬面接だけを受講することはできない

冒頭でも説明しましたが、予備校の模擬面接は基本的にコース生限定になります。

このため、筆記は独学で面接対策を予備校と使い分けることができません。

細かく言うと、座学で面接対策だけを学べる予備校もあるのですが、肝心な実戦形式の模擬面接はやはり筆記試験対策とセットになっています。

各予備校の面接対策の状況は以下のとおりです。

大手予備校の面接対策状況
  • LEC…座学講義・模擬集団討論・模擬面接(回数無制限・web対応アリ)
  • TAC…座学講義・模擬集団討論・模擬面接(回数無制限)
  • クレアール…座学講義(多め)・模擬面接(回数無制限・水道橋校限定)
  • 資格の大原…座学講義・模擬面接(回数無制限)

基本的に予備校の公務員試験対策コースは筆記+面接のセットになっています。

このため、筆記対策のために予備校を選択する人は、自ずと面接対策も付いてくるという感じですね。

大手予備校なら模擬面接は回数無制限なところが多く、実戦形式での対策がいかに重要なのかがわかります。

クレアールに関しては、水道橋校に限定されている部分がマイナス点ではありますが、他の予備校と比べて座学講義に力を入れている印象を受けました。

 

面接対策は一次試験終了後からでも間に合いますが、各予備校ごとで面接指導に特徴があるので、予備校を選ぶ際には筆記対策だけでなく面接対策のことも考慮するといいでしょう。

ぜひ試験前に、最終合格までの戦略を練ってくださいね。

予備校の模擬面接はかなり効果的

「面接対策なんて家族や友人で十分だ」と考える人は誤解しています。

むしろ逆で、公務員試験ほど予備校の面接対策が有利に働く試験はほとんどないです。民間企業以上に面接対策が合格に繋がりやすいのです。

 

面接試験は、模擬面接の回数に比例すると言っても過言ではありません。

 

というのも、公務員試験の面接はある程度パターン化されているので、筆記試験同様やればやるほど得点が上がりやすいからです。

緊張感のある模擬面接で場慣れしながら、プロの指導を受けることを何度も繰り返すことで、見違えるほど面接は上手になります。

最初は緊張して言いたいことがまとまらなくても、指摘されたことを改善して練習を積めば確実に成長するので安心してください。

 

もちろん家族や友人、大学の面接指導なども効果がないとは言いませんが、やはり頻出度の高い質問内容の把握公務員試験に特化したプロの指摘緊張感のある模擬面接など、予備校の面接対策の強みと比べると心細いのが正直なところ。

「餅は餅屋」と言われているように「公務員試験は予備校」が効果的なのは明らかです。公務員になる確率を上げたいなら答えは見えますね。

繰り返しになりますが、面接対策は模擬面接の数をこなすことが肝心なのです。

筆記・面接ともに独学で合格できる人は一握り

公務員試験は独学でも合格できます。僕も筆記と面接ともに独学でしたが、働きながらでも無事に合格して県職員になれました。

ですが、独学で合格できる人は一握りなのが現状です。

偏差値が高い大学出身者や地頭がいい人、自分を甘やかさずに努力を継続できる人など、それなりの能力がないと厳しいです。

 

ハッキリ言って凡人には無謀な戦略。

 

僕は大学偏差値こそ高くはないですが、コツコツ努力する能力や社会人経験で培った対人スキルに自信があったので独学を選びました。

半年間の試験勉強を通してわかったことは、これを普通の人がやったら途中で挫折するか不合格になる可能性が高いということです。

自分に自信がある人で、一発合格できなくても後悔しないなら独学でもいいですが、「どうしても公務員になりたい」と本気で願うなら、やはり予備校に通うことをオススメします。

 

より確実に合格したいなら独学よりも予備校です。

 

予備校の模擬面接だけを受講することができない以上、筆記・面接セットコースで公務員試験を乗り越えるのが得策と言えます。

まずは、各予備校のパンフレットを無料請求して、どんな公務員対策コースがあるのかを確認してみましょう。

ライバル達より一歩前に進むためにも行動あるのみです!

  • LEC…座学講義・模擬集団討論・模擬面接(回数無制限・web対応アリ)
  • TAC…座学講義・模擬集団討論・模擬面接(回数無制限)
  • クレアール…座学講義(多め)・模擬面接(回数無制限・水道橋校限定)
  • 資格の大原…座学講義・模擬面接(回数無制限)